中学聖日記第5話あらすじネタバレ!晶の恋の行方と聖の今後は?

Hi!ジャスミンです。

有村架純さん主演ドラマ「中学
聖日記

かわかみじゅんこさんのマンガ
が原作となっています。

原作は連載中のため、ドラマは
結末がオリジナルストーリーに
なるそうです。

第4話は聖と晶が手をつないで
帰宅すると、勝太郎と愛子が!

聖が教師ではいられなくなり
ますが、勝太郎との結婚は?

晶も溢れ出す思いが
「まだ中学生」という現実に
押さえつけられてしまう。

第5話からは原作とは違う
オリジナルストーリーでの
展開となります。

第5話のあらすじネタバレ
感想視聴率などもチェック
します。

スポンサーリンク


第5話のあらすじ

聖のマンションの前で、勝太郎と
愛子が待っていた。

聖は晶の手を離そうとするが、晶
が離さなかった。

何もいわず勝太郎は、聖を部屋へ
連れて行った。

そのまま勝太郎は聖を責めること
もせず、すべて理解してくれてい
るようだった。

帰ろうとしない晶を無理に連れ
帰った愛子。

晶は聖と結婚する、と言い出すと
愛子は殴り、世間が許さないと
怒鳴りつけた。

翌日、塩谷から連絡を受け聖は
愛子と三人で話をすることに。

塩谷はこれまでのことをすべて
話すよう促す。

聖は包み隠さず、着任した日か
晶との間にあったことを話し
た。

愛子は激怒し、「あんたの退屈
しのぎに晶を利用するな」と
掴みかかる。

聖は退職する意志を伝えるが、
処罰が決まるまで自宅謹慎となる。

自宅を逃げ出した晶は、学校へ
駆け込んだ。

聖に「あなたが15だから」と
言われると何も言い返せなくなっ
てしまった。

勝太郎は同僚や原口に、聖を大阪
へ連れてきて結婚すると報告。

だがこれまでのことを知っている
原口は違和感を感じた。

晶は大阪へ行き、勝太郎の会社へ
向かった。
勝太郎は出張で会えなかったが、
通りがかった原口が、晶の話を
聞く。

原口はあえて晶を少年扱いし、
自宅に帰らせる。

愛子は晶の勝手な行動に対し、
すぐにでも聖を辞めさせるよう
にする、と脅す。

晶は愛子に土下座し、辞めさせな
いで欲しいと懇願した。

聖は千鶴に依願退職になったこと
と、勝太郎との結婚もやめること
を伝えた。

千鶴にそのまま実家へ連れて行か
れ、母親にありのままを話して
こいと言われた。

聖は母にすべて伝えた。
母は聖を許し受け入れてくれる
勝太郎と結婚するべきだと言った。

聖が大阪へ引っ越す日、勝太郎が
迎えに来た。

その様子を見た九重が、晶に伝え
に来る。

家を飛び出そうとする晶を引き止
め、愛子は自分の過去を話した。

離婚は愛子の不倫であったことを
告白する。
今の晶が、そのときの自分のよう
に思えていた愛子。

それでも晶は聖のもとへ向かった。

勝太郎にも原口から電話が。
聖は勝太郎より好きな人に会った
それでもいいのか、と問いただし
てきた。

何も答えず勝太郎は、聖を車に
乗せ走り出すが・・・

スポンサーリンク


第5話の視聴率は?

なかなか厳しい状況が続く
このドラマ。

見ている人はどっぷりハマ
ってるけど、多くの人には
ウケてないって感じなんで
しょうか?

第5話は6.5%
ストーリーは盛り上がった
ところなのに、いつもと
変わらない数字でした。

第5話の感想

今回で第1章といいますか、ひと
区切りとなりました。

原作とはまったく違っています

第4話のラストまでが原作に
沿っていたようです。

といっても部分的にドラマオリジ
ナルになってましたけどね。

晶が中学生で、15歳であるかぎり
どうしようもなかったんです。

晶も途中からそれを受け入れて
いました。

ジョフィの言葉にヒントを見つけ
たみたいですよね。

とにかく一人前の男になってから
だ、と。

勝太郎はなぜあそこまで聖を
手放そうとしなかったのか。

やっぱり意地でしょうか。
中学生に取られるなんて、と
思ってたのかも。

原口に何か言われても「中学
生ですよ」と鼻で笑ってたし。

次回の予告が流れませんでした
ので、どうなるかわかりません。

今後はドラマオリジナルの
ストーリーになるはずです。

原作ではまだ晶は高校2年生で
すからね。

これまでは聖目線のストーリー
展開でした。

おそらく第6話からは晶目線
展開になるでしょう。

ずっと中学生に見えないといわれ
ていた岡田健史さん。

同級生役の子たちも、現役高校生
かそれ以上の年齢でした。

中学生の役だけじゃなかったから
なんですね。

第1話から明らかに演技力がつい
ている岡田さん。
表情の演技が絶妙だったな。

ラストはまったく予想がつきませ
んが、続きが気になる作品です。

中学聖日記第6話あらすじネタバレ!3年後の聖と晶は?原作と比較!

スポンサーリンク


関連記事