びしょ濡れ探偵水野羽衣(大原櫻子主演)の第1話あらすじネタバレ!

大原櫻子さん主演ドラマ「びしょ濡れ探偵水野羽衣

水をかぶるとタイムリープできる能力を持つ羽衣を、大原さんが演じます。

毎回びしょ濡れになる大原さんの体当たり演技は必見です。

第1話2人の依頼が淳之介の探偵事務所へ。

羽衣は真実を調べるため、過去へ戻ります。

びしょ濡れ探偵水野羽衣のキャスト!主題歌や動画視聴方法をチェック!

このドラマは途中から結末が分岐します。

テレビ東京版パラビ版の結末をそれぞれ記載しています。

第1話のあらすじネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

第1話あらすじ

ラブホテルを自宅にする水野家。

淳之介が営む探偵事務所に依頼人が来る。

依頼人Aは紳士服店を営む堀田

数十着のトレーナーが盗まれたので、犯人を探してほしいという。

どれもダサく警察沙汰になると、自分の店の評判が落ちそうなので探偵に頼んだ。

依頼人Bは男と心中未遂をした女優の桜田由理絵の父親

相手の男に復讐したいという、

何から手を付けていいかわからない淳之介は、妹の羽衣に助けてもらう。

羽衣は水をかぶるとタイムリープできる能力がある。

すると大学の友人、ヤンが突然呼び出してくる。

いつものように大したことない話で終わる。

だがその場所で堀田の店で盗まれたトレーナーを着て、働いている若い男性を見かける。

イケメンだが服装がダサく、想いを寄せている女子中学生が幻滅していた。

帰宅した羽衣は、水をかぶり2週間前にタイムリープする。

堀田の店を見に行くと、まだ店に例のトレーナーが置いてある

オシャレな中年女性が店にいたが、あんな人が盗むとは思えない羽衣。

淳之介は男性は湯沢という人物、と情報を得てくる。

何か手がかりをつかもうと、今度は10日前に戻った羽衣。

湯沢の服はトレーナーではなく、オシャレなものだった。

バイトを終えると女性から逆ナンされている・・・

テレビ東京版のストーリー

jasmine
この項目はテレビ東京で放送されたバージョンのあらすじです。

その様子を見ていた女性は、堀田の店にいた中年女性

もとに戻った羽衣は、堀田を呼び説明する。

スタイリストをしている湯沢の母も呼び、堀田に謝罪させる。

息子がモテなくなるように、ダサいトレーナーを着せたのだ。

だがスタイリストのプライドが邪魔して、そのトレーナーをレジに持っていくことができず盗んでしまった。

無事、堀田の依頼を解決させることができた。

スポンサーリンク

パラビ版のストーリー

jasmine
この項目はパラビで配信されているバージョンのあらすじです。

羽衣がふと他の方に目をやると、心中未遂した桜井由理絵と彼氏が一緒にいた。

彼氏はデザイナーを目指しているようだ。

由理絵が着ているトレーナーは、堀田の店にあったダサいトレーナー。

気になった羽衣は彼氏の後をつけ、堀田の店へ向かう。

彼氏は自分のデザインしたダサいトレーナーを売り込んでいた

堀田は店に置いたものの、ダサくて売れないと切り捨ててしまう。

由理絵の父はダサいトレーナーを着た湯沢を見かけ、由理絵も着ていたのを思い出し、無理やり脱がしてひったくってしまった。

以前は理解できなかったトレーナーだが、今では良さがわかると考えを変えていた。

そこへ堀田が呼ばれる。

売り込みに来た男が心中したと知り、堀田は謝罪する。

そして由理絵の父は、彼氏を専属のデザイナーにすると張り切り水野探偵事務所を後にする。

動画視聴方法は?

このドラマはテレビ東京版とパラビ版で結末が違います

途中でストーリーが分岐します。

なるほど、と思いますよ。

テレビ東京版はTVerで視聴可能です。

https://tver.jp/

もう1つの結末を知るには、パラビで視聴するしかありません。

http://www.paravi.jp/

パラビはTBSとテレビ東京の番組が視聴できるので、お得な動画配信サービスです。

スポンサーリンク


第1話の感想

テレビ東京版では「あれ、なんだったの?」と思うところが、パラビ版で明らかになっています。

なかなか面白い作り方のドラマですね。

羽衣は頭からずぶ濡れにならなくてはなりません。

しかも結構濡れたままの状態で、そのシーンは続くんですよ。

大原櫻子さんも言ってますが、当然寒いそうです(笑)

濡れた服のままでいないといけませんからね。

体を壊さないといいんですが。

しかし体が濡れたらタイムリープするって、すごい不便(笑)

風呂はどうしているんだろう・・・

羽衣の唯一の友達、ヤンちゃん。

演じているヤオアイニンさんは、実際に台湾人の女優さんです。

アホなセリフが多いですが、ドラマの中でマスコット的な存在になっていますね。

スポンサーリンク

関連記事