A LIFE~愛しき人~第1話あらすじと感想

Hi!ジャスミンです。

キムタク初の医者役です。

うーん、やっぱり医者でも
「ザ・キムタク」

そしてかなりハチャメチャな
ストーリーですな(汗)

沖田と付き合っていた深冬と
くっつくために、壮大が沖田を
シアトルに追いやる。

壮大と深冬が結婚。

壮大が婿養子になって、副院長。

院長が沖田を呼ぶ。

深冬と沖田のヨリが戻りそう(←いまココ)

というのが人間関係です。

深冬はどないやねん!って話ですよ。

壮大が顧問弁護士と浮気してるのとか
病院を継ぐために自分に近づいたとか
もうわかってる体なんでしょうか。

主人公と相反するポジションに
ミッチー(及川光博)。
この人、こういう役ハマりすぎ。

ポンコツ若手医師に松山ケンイチくん。
主役級の松ケンが
ワキにまわってしまうとは。

院長が死にそうになって、今度は
娘の深冬が深刻な病。
さすがにそれはねーよ、という
展開ですが、医療ドラマって
そんなもんらしい。

本当の医療の現場にいる人に
いわせると、ありえないのオンパレードだ
となんかで見聞きしました。

ま、でもこのドラマの良いところは
専門用語はそのまま使っているとこですね。

医龍は佐々木蔵之介さんが
いちいち説明していて、医者の会話としては
あり得なさすぎて、ストーリーに
集中できなかったし。

今後、どれだけ「んな、アホな」な
展開が飛び出すか気になります。

あらすじ

壇上記念病院の院長、壇上虎之助
倒れ、心臓に異常があるとわかる。

だが虎之助の弁輪が狭く、心臓手術は
ほぼ無理だと外科部長の羽村
判断した。

虎之助はシアトルに行った沖田
呼べ、と義理の息子である
壮大に命じた。

沖田はシアトルで経験した
心臓手術を行うと言う。
前例は自分が行った1件のみ。

外科のメンバーは危険すぎる、と
反対するが、虎之助は手術を
受けると決めた。

手術は無事終わるが、若手の井川
見たことがない手術だと言うほど
斬新なものだった。

だが虎之助に異変が起こる。
人工弁が正常に機能していなかった。

娘の深冬をはじめ、外科病棟では
沖田を猛烈に批判する。

虎之助の意識は戻らぬままだが
沖田は他の方法で再手術を行うと
言い出した。

深冬は沖田を信じ、手術を決める。
再手術は成功し、虎之助の意識が戻る。

虎之助は沖田に壇上記念病院に
戻ってきてくれ、と相談するが
沖田はシアトルでやり残したことが
ある、と断る。

脳外科から渡された写真を
見た壮大。
手術が難しい箇所に腫瘍がある。
これは深冬の脳の写真だった。

壮大は沖田に手術を頼む。
壮大は脳外科医だが、深冬を切ることは
できないからだ。

沖田は壇上記念病院に戻ること決めた。

キャスト
沖田 一光(おきた かずあき):木村拓哉
壇上 深冬(だんじょう みふゆ):竹内結子
井川 颯太(いがわ そうた):松山ケンイチ
柴田 由紀(しばた ゆき):木村文乃
榊原 実梨(さかきばら みのり):菜々緒
羽村 圭吾(はむら けいご):及川光博
壇上 壮大(だんじょう まさお):浅野忠信

真田 隆之(さなだ たかゆき):小林隆
壇上 虎之助(だんじょう とらのすけ):柄本明
沖田 一心(おきた いっしん):田中泯

スポンサーリンク


関連記事