A LIFE~愛しき人~第5話のあらすじと感想

なんかもうこのドラマの
脚本ってさあ・・・(苦笑)

深冬が自分の病気の深刻さに
気づくのが遅すぎる。
医者のくせに。

羽村がなんで沖田に
詰め寄ったのか意味わからん。
沖田は事実を言ったまでじゃん。
で、羽村は自分の判断で山本院長の
ミスを報告したんでしょ?

しかも平手打ちって(笑)
外科医だからグーでいくと
指痛めるから?

壮大が邪悪すぎる。
経営のために必死とはいえ、チンピラかよ
って態度が(汗)

榊原弁護士が壮大に
「私はあなたの何なんですか?」って
いやどうみても愛人でしょ。

榊原は嫁の父親のあとを継ぐつもりの
人が離婚し自分と再婚するとでも
思っている設定ですか?

井川のミスをマスコミにばらしたのが
羽村だという事実が、唐突に出てきたよ(汗)
井川のミス回で、ばらしたっぽい態度を
見せてるシーンがあれば良かったのに。

それがないから、なんで急に!って
思うんだよなー。

あらすじ

深冬は倒れたが、少し休んで
仕事に戻った。

井川沖田の部屋で深冬の
検査データを見てしまった。
その後、井川は深冬の体調が
気がかりになる。

沖田は深冬の手術方法が
見つからず、悩む日々だった。

羽村は事故調査委員に選ばれ
恩師である心臓外科の権威、
桜坂中央病院の山本院長
医療ミスに気づく。

その患者・風間は術後の体調が思わしく
ないため、羽村に診察を依頼してきた。

井川の計らいで羽村ではなく
沖田に検査と再手術を任せる。

壮大は山本院長のミスを隠蔽する
かわりに、業務提携の話を持ち出した。

沖田は再手術を行い、山本院長の
ミスに気づいた。
羽村はそれを公表しないでほしい、と
頼むが沖田は疑問を投げかける。

結局、羽村は調査委員として
公正な判断をする。
山本院長はミスを認め、桜坂中央病院を
辞めることになる。

羽村は沖田に感情をぶつけてしまうが
山本院長から感謝され、涙を流す。

深冬は頭痛が酷いなどの異変があり
精密検査を受けたい、と壮大に相談する。
壮大はもう隠せないといい、沖田に
深冬へ病状を告白させる。

だが沖田が話す前に、深冬は検査の画像を
見たという。

キャスト
沖田 一光(おきた かずあき):木村拓哉
壇上 深冬(だんじょう みふゆ):竹内結子
井川 颯太(いがわ そうた):松山ケンイチ
柴田 由紀(しばた ゆき):木村文乃
榊原 実梨(さかきばら みのり):菜々緒
羽村 圭吾(はむら けいご):及川光博
壇上 壮大(だんじょう まさお):浅野忠信

山本 輝彦:武田鉄矢
風間 義男:須田邦裕

スポンサーリンク

関連記事