A LIFE~愛しき人~第4話のあらすじと感想

Hi!ジャスミンです。

松山ケンイチさん演じる井川の
キャラクター、表情がツボです(笑)

ギャグ漫画の実写を数本やってるだけ
あって、マンガみたいな表情を
する松ケンに笑ってしまう。

ただの2世外科医かと思いきや
ストーリーを進めるには
重要なポジションの井川。

柴田が片山ジュニアに口出し
して、怒らせちゃったこと。

柴田が医者の家に生まれたけど
病院が潰れて、医者になれなかった
コンプレックスを持ってること。

それをバラしちゃう井川。

沖田に「結婚を考えた人=深冬」の
話をさせちゃう井川。

深冬の脳CT画像を見ちゃった井川。

なんかイラッとくる井川。
今後もなんかやらかしそう。

そういえば柴田が嫌ってる医者って
井川とか深冬って大病院の子供じゃん。
当たり前のように医者になれちゃって
この2人にイラッとくるのも納得。

しかも深冬は、沖田に大事にされ
てるからね。

主演はキムタクだけど
周囲の人も主演やるクラスの俳優、女優を
揃えているので、脇役が面白い
ドラマだな、と思います。

ところでゲスト出演の忍成修吾さん。
この人、犯人役か変なやつか
性格悪いやつしかやってないよね。

あらすじ

壮大は片山関東病院との
業務提携のために動いていた。

病院側の指名で沖田に執刀して
もらいたい手術があると言われる。

沖田は引き受けるが、その際
オペ看に柴田を連れて行く。

片山関東病院での手術は成功した。
だが手術中、院長の息子である
片山孝幸のプライドを傷つける
ような行為を、柴田がしてしまう。

片山院長は業務提携は、柴田を
オペ看からはずすことを条件に
してきた。

壮大と羽村榊原弁護士は
片山関東病院の手術を見学に
行っていた井川に詳細を聞く。

壮大は柴田にオペ看をはずれて
もらうよう話した。

だが柴田は突然、病院を辞めると
言い残し副院長室を飛び出す。

この事態を知らなかった沖田は
荷物を片付けている柴田に
声をかける。

医者はナースを認めてくれない、
とふてくされている柴田に
沖田は自分がナースを認めてないんだと
指摘し、ナースも辞めろとまで
言ってしまった。

井川が柴田を休日にドライブに誘った。
その時柴田は、自分の家のことや
医者を目指していたことを
口走ってしまった。

片山関東病院はまた沖田に
手術を依頼してきた。
沖田は柴田がオペ看でなくては
難度の高い手術は無理だと
壮大に言った。

柴田は病院に残ることにした。
沖田と手術がしたいから、と
深冬に挑発するような言い方をした。

病院の屋上で沖田と深冬が話して
いると、深冬が倒れた。
意識はない。

キャスト
沖田 一光(おきた かずあき):木村拓哉
壇上 深冬(だんじょう みふゆ):竹内結子
井川 颯太(いがわ そうた):松山ケンイチ
柴田 由紀(しばた ゆき):木村文乃
榊原 実梨(さかきばら みのり):菜々緒
羽村 圭吾(はむら けいご):及川光博
壇上 壮大(だんじょう まさお):浅野忠信

片山 修造:鶴見辰吾
片山 孝幸:忍成修吾
西山 弥生:峯村リエ

スポンサーリンク


関連記事