A LIFE~愛しき人~第3話のあらすじと感想

今回の話、何が何だかって感じでした。

深冬の論文の件だって
最初からそうしたらいいのに、って
話でしょ?

井川のセリフで
もともと小児外科医で
心臓外科と脳外科もやるって
すげえな、ってありましたが

すげえなっていうか
ありえねえって言ってほしかった。

フィクションにもほどがあるわ!

あと、沖田が野菜嫌いという
キャラ設定は意味あるのかな。

あらすじ

虎之助は快気祝いの席で
冗談めかして
沖田先生を院長に」と言ったが
壮大には冗談に聞こえず不機嫌になる。

虎之助は沖田を高く評価している。
壇上記念病院にはなくては
ならない存在だと思っているのだ。

母子家庭の少女、成田友梨佳
小児外科を受診する。

ケガで内蔵損傷の既往があるが
母親の夜勤時、実家に泊まると
腹部が痛むという。

他の病院では心因性と診断。

母親と一緒に友梨佳に入院して
もらい、様子を見ると
腸捻転の疑いがあるとわかる。

だがこの手術をすると
小児外科の権威である
慶安病院の蒲生教授
盾をつくことになる。

手術を強行すれば、小児外科医の
深冬の立場がなくなる。

沖田は患者を見捨てるくらい
なら、壇上記念病院を辞めると
言い出した。

蒲生教授とつながりのない
小児外科を探し始める。

壮大は深冬の手術のことが
あるので、沖田を必死に引き止める。

深冬に手術をさせない、という
条件で沖田に許可を出す。

だが深冬の希望で手術に入った。
虎之助や壮大は慌てるが
予測通り、腸捻転だとわかり
友梨佳を救うことができた。

キャスト
沖田 一光(おきた かずあき):木村拓哉
壇上 深冬(だんじょう みふゆ):竹内結子
井川 颯太(いがわ そうた):松山ケンイチ
柴田 由紀(しばた ゆき):木村文乃
榊原 実梨(さかきばら みのり):菜々緒
羽村 圭吾(はむら けいご):及川光博
壇上 壮大(だんじょう まさお):浅野忠信

真田 隆之(さなだ たかゆき):小林隆
壇上 虎之助(だんじょう とらのすけ):柄本明

成田 美保:紺野まひる
蒲生:越村公一

スポンサーリンク

関連記事