99.9刑事専門弁護士第7話あらすじと感想

今回はラストに衝撃の展開が
あったためか、本編はわりとすんなり
とした流れでしたね。

でも高嶋政伸さんの髪型、
どうしちゃったんでしょう?
真田丸では髷のかつらなので
気づきませんでしたが、今あんななの?

同じく真田丸に出演中の藤本隆宏さんが
最後にかっこ良く締めてました。

佐田と志賀の関係って
単なるライバルってだけ?

すっかり佐田は深山のやり方に
染まってましたけど。

そして深山に逮捕状!という
衝撃の展開で次回に続きます。
佐田、立花が深山の弁護に
つくのかな、と予想。

あらすじ

おもちゃ会社のオロゴンホビー社の
社長、河村幸一が殺害された。

容疑がかかった同社の専務、西岡
弁護を副社長の河村英樹
依頼してきた。

社長と副社長は実の親子である。

西岡はまったく身に覚えがない
というが、凶器から西岡の指紋が
見つかったという。

深山と佐田は現場に出向き
副社長同伴のもと検証する。

犯人の侵入方法、凶器が
なぜ花瓶なのか、など
疑わしい点が多く、深山は
入念に調べることにした。

西岡の娘に聞き込みをしていた
立花は、西岡のアリバイが
あったことを証明できる、という
情報をつかむ。

犯行時刻の頃に、西岡は
社長の留守電にメッセージを
入れていた。

だがそのメッセージは消されていた。

息子である副社長の行動が
非常に疑わしいのだが、
西岡が無実である証拠が
なかなか見つからない。

割れた花瓶の破片を
つなぎ合わせると、1つ余ることを
深山は指摘した。

それは西岡の指紋がついていたもの。

創立40年記念に作られた花瓶
なので、社員全員に配られている。
底にはシリアルナンバーが刻まれており
余った破片は、副社長の持っていた
花瓶である証拠があった。

西岡の容疑は晴れ、副社長が逮捕となる。

その後、事務所に突然
警察がやってきて、深山を
殺人の容疑で逮捕すると言ってきた。

深山は抵抗することなく
指示に従う。

<キャスト>
深山 大翔(みやま ひろと):松本潤
佐田 篤弘(さだ あつひろ):香川照之
立花 彩乃(たちばな あやの): 榮倉奈々
明石 達也(あかし たつや):片桐仁
斑目 春彦(まだらめ はるひこ):岸部一徳

志賀 誠(しが まこと):藤本隆宏
落合 陽平(おちあい ようへい):馬場徹

河村 英樹:高嶋政伸
西岡 徹:嶋田久作
河村 幸一:大和田伸也
大島検事:池田鉄洋

スポンサーリンク

関連記事