99.9刑事専門弁護士第10話あらすじと感想

Hi!ジャスミンです。

ついに最終回です。

斑目所長が読んでいた新聞に
載っていた法務省人事の欄に
御剣怜侍狩魔冥の名前が!!!

99.9neta

逆転裁判(ゲーム)でお馴染みの
検事の名前ですよ。

わかる人にしかわからない小ネタ!

それはさておき
大友検事正は検事長に
なれなかったってわけですね。

マツジュン主演のドラマに
KAT-TUNの中丸くんがゲスト出演。
ラッキーセブンでもこんなの
ありましたね。

あのときより中丸くんの演技は
良くなってたかも。

そして数日前、優香さんと結婚を
発表した青木崇高さん演じる
丸川検事がカッコよかったですね。

上司に歯向かえないズルい検事かと
思わせておいて、こっそり弁護側に
有利な情報を流してくれました。

髪の毛の量が多いって特徴(笑)を
ドラマ内で言われてました。

アフロにしていた時期もありますが
青木さんは髪の毛のセットが
大変そうな髪質なのが、気になっていました。

都知事の不祥事ネタは、これも現実を
皮肉ってるのかな、と。

ラストも続編がありそうな
締め方で、とても気になります。

あらすじ

今回の依頼は、都内連続殺人事件の
容疑がかけられた石川

石川は報道では容疑を認めている、と
なっていたが、深山たちが接見すると
無理やり調書にサインさせられた、と
告白する。

現場に石川の毛髪と血痕が
残されており、証拠が揃っているという。
2人の被害女性は、心臓を一突きされ
殺されている。

深山と立花が石川の周辺を聞き込むと
調書の内容とはまったく逆だった。

深山は被害者の殺され方に
注目していた。

静岡県浜松で同じ殺害方法で
起きた事件があった。
深山は都内の事件とこの事件が
同一犯であることを証明すべきとした。

都内の事件を担当する
丸川検事は、大友検事正らの指示で
事実をねじ曲げた調書を作った。

石川のアリバイを証明できるはずが
検察側の要求で、犯行時刻を変更された。

深山たちは3人の被害者が
5年前に入院していたという
共通点を見つけ出した。

3人は同じ病院、同じ病室に
いたことを突き止めた。

被害者の1人、中田は回診中に
医者から体を触られ、訴えると
怒っていた。

その医者とは、都知事に立候補して
いる高山だった。

中田との件は、示談で済ませたものの
中田に見返りを要求され、選挙スタッフ
として働かせていた。

高山は口封じのため、中田らの
同じ病室にいた女性を殺害した。
1人は海外にいたため、この事件の
証人となる。

現場の証拠品は、高山が病院から
持ちだしたものだった。

深山は自分の父親の冤罪と
石川の件をダブらせていた。

深山の父親の事件を担当した
検事だった大友検事正に対して
これからも戦い続けることを宣言する。

<キャスト>
深山 大翔(みやま ひろと):松本潤
佐田 篤弘(さだ あつひろ):香川照之
立花 彩乃(たちばな あやの): 榮倉奈々
明石 達也(あかし たつや):片桐仁
斑目 春彦(まだらめ はるひこ):岸部一徳

深山 大介(みやま だいすけ):首藤康之

丸川 貴久(まるかわ たかひさ): 青木崇高
大友 修一(おおとも しゅういち):奥田瑛二

スポンサーリンク


関連記事