99.9刑事専門弁護士第1話あらすじと感想

Hi!ジャスミンです。

嵐の松本潤(マツジュン)
初めて弁護士役に挑んだドラマです。

 

飄々とした態度で、やり手の弁護士と
いうことで、毎回スカッとするストーリー。

パートナー的存在の明石を演じる
ラーメンズ片桐さんとのやりとりが
軽快で面白いです。

マツジュンは役作りのためか
かなり短めのヘアスタイル。
若返りましたねー。

ドラマ内でも大学生といわれて
しまうのも納得。

赤木を演じた赤井英和さんが
飲んでいた日本酒が
「六鬼伊」(ロッキー)って!
浪速のロッキーだからか!

と、こんな感じで小ネタが
ちょくちょく仕込まれています。

第1話ということで
キャラクター紹介とともに
何か意味ありげなシーンも含まれていました。

深山が考え事をしてるときの
耳に手をあてるしぐさ、流行らそうとしてる?

上司の佐田役に香川照之さん。
なんかTBS系のドラマではいつも
同じような役になってしまう香川さん。
深山と佐田との関係も
面白くなりそうです。

あらすじ

金にならない刑事事件ばかり
引き受けている弁護士、
深山大翔(みやまひろと)

パラリーガルの明石達也とともに
大手法律事務所である斑目法律事務所
ヘッドハンティングされた。
深山は刑事事件ルームの所属となる。

 

民事事件のトッププレイヤーとされていた
佐田篤弘が刑事事件ルームの室長に、
業績の良い女性弁護士、立花彩乃
嫌々、ルームの一員になる。
さっそく弁護依頼が来た。

殺人容疑をかけられている運送業の
経営者、赤木義男が依頼人。

物的証拠、動機なども揃っており
有罪になる可能性の高い事件だった。
だが赤木は無実を主張。

深山は現場へ足を運び、入念な
聞き込みを行う。
その結果、疑わしい点をみつけ
事務所で現場の防犯カメラを再現した。

赤木になりすました者が
犯人であると疑った深山。
だが被害者である塙社長の弁護士は
塙社長の妻の証言で、現場付近で
赤木を見たと断言した。

 

刑事事件は99.9%起訴されるのが
当たり前だと主張する佐田室長。
残り0.1%を探してみせると深山は宣言した。

深山は法廷で、塙社長夫人の証言に
嘘があると指摘した。
この事件は証拠不十分で起訴を
取り消すこととなった。

<キャスト>

深山 大翔(みやま ひろと):松本潤
佐田 篤弘(さだ あつひろ):香川照之
立花 彩乃(たちばな あやの): 榮倉奈々
明石 達也(あかし たつや):片桐仁
斑目 春彦(まだらめ はるひこ):岸部一徳

丸川 貴久(まるかわ たかひさ): 青木崇高
大友 修一(おおとも しゅういち):奥田瑛二

赤木 義男:赤井英和
塙 望美:堀内敬子

スポンサーリンク

関連記事