米倉久邦(日大会見司会者)の経歴や学歴を調査!広報部での役職は?

Hi!ジャスミンです。

日大緊急会見で妙な司会をしてい
た白髪のおじいちゃん、米倉久邦
さんというようです。

日大広報部職員のようですが
内田前監督や井上コーチより
目立ってしまう始末(笑)

会見に集まった記者も容赦なく
質問を投げかけるため、無理やり
打ち切ろうとする暴挙。

会見の内容がお粗末だったため
米倉氏の言動が話題になってし
まいました。

ほんと、あの会見なんだった
の?と多くの人が思っている
はず(笑)

気になりすぎる米倉氏のこと、
経歴学歴広報部の中では何者
なのか調べてみました。

スポンサーリンク


米倉久邦プロフィール

  • 読み方:よねくらひさくに
  • 所属:日大広報部

 

白髪でかなり高齢の人ではないか
と思ったのですが、年齢はいくつ
くらいでしょうか。

大学職員って定年ないんですかね。

60歳未満には見えなかったです。
60代後半か70代でしょう。

顧問という役職なので、定年に
なった人が非常勤みたいな形で
勤務する感じだと思います。

日大広報部では広報部長より
立場が上になるはず。

内田前監督も62歳ですし、自ら辞
めると言うまで、勤められるんで
しょうか。

だから隠蔽体質になるんじゃ
ないのかなあ。

経歴や学歴は?

ちょっとはっきりしない部分が
あります。

米倉久邦で調べると以下の経歴
の人物が上がってきます。

1942年東京生まれ。68年早稲田大学大学院卒、共同通信社に入社、ワシントン特派員、
経済部長、ニュースセンター長、論説委員長などを経て、現在はフリージャーナリスト。高校・大学時代より山に親しむ中で、「森」への関心を強め、57歳で森林インストラクターの資格をとる。日本山岳会会員、森林インストラクター、東京スキー山岳会会員。

同姓同名の別人という説
日大職員の米倉氏と同一人物
考える説で分かれています。

こんな著書も出版しています。

フリージャーナリストが日大の
職員になる流れに、いまいち
信憑性がないです。

年齢は日大の米倉氏と一致
するんですよね。

詳しいことがわかったら追記と
修正します。

追記

どうやら同一人物のようです。

なぜジャーナリストだった人が
大学職員になったのか、謎が残り
ますが。

スポンサーリンク


記者会見の内容まとめ

ざっくりですが、米倉氏と記者と
の面白いやりとりをまとめて
みました。

歯切れの悪い内田前監督と井上
コーチに対し、納得のいかない
記者が同じ質問を投げかけること
に対し・・・

米「同じ質問ばかりやめてください

記者「違う質問します

米「打ち切ります

記者「日大側が記者会見開いて
僕ら呼んだんですよ

米「だから私達が会見を終わらせ
るんです

記者「日大の品位があなたのせい
で下がってますよ

米「下がってません!


会見を終わらせようとする米倉氏
に対し

記者「たくさんの方が見てるん
ですよ!

米「見てても見てなくてもどっち
でもいいです


米「これで終わりにします」

記者たち、質問しまくる

米「さっきからしつこい


監督は反則タックル見てないって
言い出すし、井上コーチはそんな
こと言ってないって逃げるし。

確かにこれ以上なにか聞かれても
答えられない事情があったので
しょう。

そりゃ米倉さんもさっさと切り
上げたかったはず。

もう会見を打ち切る、といいなが
らも10名ほどの記者の問いかけに
反応してくれる優しさも(笑)

渦中の人に聞きたいことが
聞き出せなかった会見でした。

でも米倉さんと記者のやりとりが
大ウケで、ネットで大騒ぎ
なっています(笑)

ろくに答えてくれないので
こんな会見に意味があるのか?と
の声が多いんですけどね。

違った意味で盛り上がって
しまう始末(笑)

スポンサーリンク


山口組借金問題でも登場した?

こんなツイートを見つけました。

良く見つけましたね!
法学部部長が山口組から金を
借り入れていたという問題。

このときの記者会見も米倉氏が
司会をしていたようです。

この会見もなんか隠してるなって
雰囲気で逃げましたね(笑)

でも今回のアメフト部の問題は
他の大学も関わっていますし、
うやむやにできないところまで
来てます。

井上奨(日大アメフトコーチ)の経歴や顔写真は?過去にビデオ出演疑惑!

2018.05.22

大塚吉兵衛(日本大学学長)の経歴や学歴は?会見まとめ!顔画像も調査!

2018.05.25

内田正人監督(日大)の経歴は?かつら疑惑や家族について調査!

2018.05.19

まとめ

日大の内田前監督と井上コーチ
の緊急会見で、司会をしていた
米倉久邦氏。

日大広報部の顧問です。

監督とコーチが歯切れの悪い対応
だったため、記者からの質問が
殺到。

それを独特なやり取りでさばいて
いた米倉氏が注目されています。

スポンサーリンク


関連記事