のぶみは元チーマーの絵本作家?新刊や嫁は死んだ説を調査!

Hi!ジャスミンです。

絵本作家のぶみさん。

特徴のある絵柄のキャラクターが
目印ですよね。

実は元チーマー(ヤンキーみたい
なもの)だったことは割りと
知られてますね。

ママがおばけになっちゃった
という作品を発表したことで、
奥さん(嫁)が死んだ?
噂がありますが・・・

実際はどうなんでしょう?

続々と発売される新刊もチェック
しておきたいですね。

のぶみさんについて詳しく調べて
みました!

スポンサーリンク


のぶみプロフィール

  • 本名:斎藤信実(さいとうのぶみ)
  • 生年月日:1978年4月4日
  • 出身地:東京都

絵本作家としての活動以外には
おかあさんといっしょ」で歌わ
れている曲の作詞を担当。

ぶらぶらせいじん
こちょこちょむしのこちょたろう

曲とともに出てくるアニメーショ
ンも、のぶみさんのイラストです。

「みいつけた」のおててえほん
いう、子供が創作するお話に
アニメーションがつきます。
このイラストものぶみさん。

元チーマーの過去

一昔前、チーマーと呼ばれる渋谷
周辺にいる不良グループがいました。

のぶみさんはそのチーマーのリー
ダーだったそうです。

もちろん、、、とはいっては
アレですが(笑)逮捕歴もかなり
の回数あるとのこと。

少年時代はいじめにあい、不登校
児だったそうです。

自伝も出版されてます。

いろいろと悪さをした後(笑)
日本児童教育専門学校に通って
ました。

そこで出会った女性が絵本好き
だったことがきっかけで、絵本
を書くようになったとのこと。

なかなか不純な動機ですね(笑)

ちなみにこの女性が、現在の奥様
だそうです。

それでもこのような一流の作家
さんになれたのだから、結果とし
て良かったのかな。

スポンサーリンク


嫁が死んだってホント?

ママがおばけになっちゃった
という絵本を発表したのぶみさん。

この絵本は賛否両論、どちらかと
いえば批判のほうが多かったよう
です。

「ママがおばけ~」は
母親の死を題材にしています。

絵本なので笑えることも含めた
物語に仕上がっています。

ここが嫌いと言われてしまった
ところかも。

人の死を面白く描くことに難色
を示す人が多かったのです。

私は読んだ子がどう捉えるか
だと思うんですよね。

幼いうちに母親と死別している子
の支えになるだろうし。

面白いところもないと、子供は
理解できないだろうし。

茶化している感じではないので
そこまで批判しなくても、と
思いました。

それこそ「嫌なら見るな」の考え
で、「嫌なら見せるな」でいいと
思いますけどね。

で、この絵本の元ネタというか
意識して書かれたとされたのが
デンマークの「おじいちゃんが
おばけになったわけ」
という絵本らしいです。

というわけで、のぶみさんの奥さ
がモデルではありませんから
ご健在です

子供はいるの?

上が男の子、下が女の子で2人の
お子さんがいるそうです。

今は小学校高学年くらいの年齢
ではないでしょうか。

現在の新刊は?

2018年1月現在での新刊をご紹介。

世界一受けたい授業で紹介された
このままにきーめた!

 

その他、仮面ライダーになりたい
シリーズ、しんかんせんシリーズ
なども人気ですね。

まとめ

絵本作家ののぶみさん。

少年時代はいじめられ、不登校
だった時期があります。

高校時代は不良グループと仲良く
なり、チーマーや暴走族で暴れ
ていた過去も。

逮捕歴もあります。

専門学校時代に知り合った
奥さんの影響で、絵本を書くよう
になりました。

2017年現在で170作品も出版して
います。

スポンサーリンク