【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ6巻のあらすじと感想は?

Hi!ジャスミンです。

2018年4月からTBS系でドラマ
放送されている「花のち晴れ

原作マンガのあらすじと感想
をご紹介しています。

この記事では第6巻!

これまでのあらすじはこちら

【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ5巻のあらすじと感想は?

【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ4巻のあらすじと感想は?

【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ3巻のあらすじと感想は?

【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ2巻のあらすじと感想は?

【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ1巻のあらすじと感想は?

スポンサーリンク


花のち晴れ第6巻のあらすじ

バイト先で音とハルトは、売り言
葉に買い言葉で、言い合いになっ
てしまった。

ハルトは金銭面を含めて、天馬の
世話になってりゃいいだろ、と
吐き捨てて出ていってしまう。

紺野は音を見ていると、苦しくな
と言う。

バイトから帰る途中、音は橋に
腰掛ける近衛を見かける。

近衛は以前、本気で橋から飛び降
りようとしたら、天馬が助けてく
れた、と淡々と話し始めた。

天馬が命の恩人なのだという。

そこに続けて、ハルトと密会して
いる、なぜ天馬の恋人になれたの
はラッキーなだけ、と遠慮なく
言い放った。

母のパート先へ向かい、音は一緒
に帰ることに。

音は天馬の勧めで、桃乃園へ転入
すると話すと、母はあっさり却下

天馬と釣り合わせるだけでなく
英徳に音を入れることが、母の夢
だったから、との理由だ。

スポンサーリンク


ハルトが自宅で風呂に入っている
と、メグリンが裸で入ってくる

驚きながらも、自分を好きだとい
うメグリンに揺らぎつつあった。

だがハルトはメグリンに本物しか
欲しくない、と断言する。
音にフラレていても、俺が終わり
にしたときが終わりだ、と。

しばらくハルトとメグリンは
学校を休んでいた。

ハルトはメグリンを利用すること
ができなかった、と海斗たちは
音に話す。

音のもとへ桃乃園の制服が届け
られていた。
近衛が勝手にやったことだと
わかっていた。

近衛に返しにいこうと、マンショ
ンまで向かった音。

そこで目にしたのは、以前音に
からんできたヤンキーグループと
近衛が話している現場。

金を渡し、近衛が仕組んでいた
ことだと判る。

証拠もないのだから、天馬に話し
ても信じるわけがない、と近衛は
悪びれもしなかった。

慌てて音は天馬へこの話を伝えに
行くが、そこには近衛もすでに来
ていた。

近衛がいる前で、英徳狩りの犯人
だと言っても、やはり天馬は信じ
なかった。

英徳を辞めない理由が他にある
んだろう、と言った近衛に
音は平手打ちをする。

まっすぐな天馬には、歪んだ人
がわからない、と言い残し
部屋を飛び出した。

スポンサーリンク


街なかでうずくまって泣いていた
音に気づいたハルト。

天馬のことで泣いているのか、と
悔しがるが、憎まれ口をたたきな
がらも音を自宅方面まで送る。

自宅前で天馬と近衛に会う。

天馬はさっきの音の態度が気に
なっていたのだ。

その話を聞いたハルトは、音を
信じてやらない天馬を責める

天馬は音を信じたら、近衛を疑う
ことになると言うが、ハルトは
近衛が胡散臭いと見抜いた。

2人は言い合いになるが、音が
なだめてそれぞれ帰宅する。

音は母に泣いた顔を見せたくない
、と公園へ向かった。

ハルトは近衛が天馬を好きすぎる
から、なんだってやるだろう、と
考えたようだ。

音はこのときやっとハルトに
英徳を辞めない、と伝えた。

ハルトは嬉しさのあまり
音を抱きしめてしまう。

帰りの車のなかで、改めて近衛に
問い詰める。
天馬はやっぱり音のそばにいてや
らなくては、と思い直し車を降り
た。

天馬はハルトが音を抱きしめて
いる姿を見てしまう。

冷静に見える天馬だが、絶対に
ハルトを許さない、と激怒して
いた。

翌日、音がハルトに
天馬が本気で怒っている、と
告げると、闘う理由がある、と
言い返した。

6巻の感想

やっとハルトがかっこいい場面が
増えてきました!(笑)

音を信じてあげるところ、男らし
くて道明寺っぽい。

めっちゃ可愛いメグリンが風呂に
入ってきて、ベッドで待っていて
、まったく手を出さないハルト。

そんな高校生いるのか!(笑)

音じゃなきゃ、まったく興味ない
って!

好きな女は音、尊敬する人は
道明寺って、ブレないね(笑)

天馬が俺と勝負しろ、っていう
から「どっちが音の気持ちを
惹きつけられるか」ってことか
と思ったら・・・

武道で勝負かい!(笑)

なんかこの展開、
ヽ(・ω・)/ズコーってなったわ。

それで勝ったら、音は俺のもの
だ!って、音の気持ちはそっち
のけですか?(笑)

タチ悪いことに、音はきっぱり
言葉ではフッておきながら
ハルトに惹かれているんですよね。

まあ
優柔不断女と諦めの悪い男の話
ってことなので。

天馬って男としてはつまらない
よね?
いろんな面で優等生すぎて。

超可愛い読モのメグリンと
完璧超人の彼氏(天馬)がいる
のに心奪われつつある音を
惹きつけるハルト
すごいじゃん!

第7巻のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】「花のち晴れ」原作マンガ7巻のあらすじと感想は?

スポンサーリンク


関連記事